地獄先生ぬ~べ~ 第23話『0時0分0秒の怪!?合わせ鏡の七不思議』で、小学5年生の女の子2人が、悪魔に鏡に映った自分を見るごとに幻覚を見てしまうという一種の強力な催眠術をかけられてしまう。


ぬーぼー1


催眠術の餌食にされるのは、左のショートヘアの細川美樹右のツインテールの稲葉郷子小学5年生の女の子2人組。
鏡など自分の姿を見るたびに老いた自分の幻覚を見てしまうという強力な催眠暗示が発動し、どんどんと催眠の世界の深みにはまっていきます。


催眠術にかけられていることに気づかず、強力な催眠術にかけられていることを説明されてはじめて、「え~っ!? さいみんじゅつぅ~↗↗」と自分達が強力な催眠術による支配を受けていたことに気づく、2人の小学5年生の女の子たち。


催眠術は悪魔が退治されるとともに解けますが、数日間ずっと催眠状態で支配されていたことになります。


実際には催眠シーン(催眠術にかけるようなシーン)はないのですが、催眠顔のシーンと音声を少し編集しました。







ただ老いたと思わされる精神支配を受けているため、常に疲れてすごく眠い催眠状態がずっと継続しているらしく、随所にすごく眠そうな催眠顔がみられます。



にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

成約1件あたりの報酬1万円越え、アフィリエイトASPのインフォカート
 カテゴリ
 タグ
None